自動車保険について

自動車保険について
自動車保険とは、自動車を所有することで発生する賠償責任や損害を補償する損害保険で強制保険と任意保険に分かれます。
また農協や全労済で取り扱うものを自動車共済と呼びます。
強制保険とは、自動車の使用者に対して加入が義務付けられている保険で、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)や自賠責共済のことをいいます。
加入していない場合、運転は認められていません。
万が一の事故の際に被害者や遺族へ最低限の補償をするための保険です。

自動車保険の任意保険は、大抵の交通事故では強制保険だけでは補えず、物損事故にも対応していないため、また自力で補償能力を持つ者は稀であるため強制保険にプラスして任意で加入する保険です。
これが任意保険(任意自動車保険)です。
強制保険の上乗せ保険として機能し、対物は強制保険にその機能がないため契約上限まで支払われます。

一般的に自動車保険といえば、この任意保険のことを言います。
任意保険の内容は各保険会社により細分化されています。
その種類には、①人への保険 対人賠償保険・無保険車障害保険・自損事故保険・搭乗者障害保険・人身傷害保険(人身障害補償特約)などがあります。
②物への保険 対物賠償保険・車両保険などです。

自動車保険(BAP)とは、上記の保険を単独または任意の組み合わせで契約するものを言います。
また決められた上記6つの保険に対人・対物示談交渉サービスをセットしたものを自家用自動車総合保険(SAP)5つの保険に対人・対物示談交渉サービスをセットしたものを自家用自動車(PAP)と言いますが近年の保険料自由化により変わってきています。
自動車保険についてをGoogle検索することが出来ます。

Category : 自動車保険