自動車 賠償 責任 保険について

自動車を運転する人すべてに関わってくる保険、それが自動車保険です。
中でも、加入が義務づけられている、強制保険と呼ばれている自動車保険があります。
それが、自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険です。
この自動車損害賠償責任保険という自動車保険は、国によって作られた保険の制度で、交通事故の被害者が、泣き寝入りをすることのないようにと、最低限の補償が受けられる事を目的として作られた自動車保険です。
そのため、最低限の補償しかこの自動車保険はカバーしないことになります。
この自動車損害賠償責任保険という自動車保険が補償する範囲は、人身事故の場合の相手側の怪我や死亡の時の補償に限られています。
また、この自動車損害賠償責任保険という自動車保険の補償額には限度額が定められているのです。
この、自動車損害賠償責任保険という自動車保険の補償での支払い限度額は、傷害による損害の場合は、被害者一人につき120万円が限度です。
また、後遺傷害の場合は被害者一人につき32万円から4000万円まで、死亡した場合は、被害者一人に付き3000万円までとなっています。
そのため、自動車損害賠償責任保険という自動車保険だけでは心配な部分が出てくるので、そのような時には、あらかじめ任意保険という自動車保険に入っておく必要があるのです。

Category : 自動車 賠償責任保険, 自動車保険