自動車 損害 保険について

自動車保険とは文字通り自動車を運転する人を対象とした保険の事です。
その自動車保険の種類のうち、「強制保険」という加入を義務づけられている自動車保険があります。
その強制保険という自動車保険の事を、自動車損害賠償責任保険、自賠責保険と呼びます。
この自動車損害賠償責任保険という自動車保険は、強制保険と言いましたが、その名の通り、公道を走るすべての自動車や原動機付自転車に対して加入が義務づけられている自動車保険です。
加入が義務づけられている自動車保険となるため、もしこの自動車保険に加入していない車は走行できないことになっています。
また、この自動車損害賠償責任保険に加入しているという証明書を車に積んでいない場合や、期限が切れている場合には、数十万の罰金を払わねばならない場合もあるので、注意が必要です。
この自動車損害賠償責任保険という自動車保険は、交通事故の被害者が泣き寝入りしなくてもすむように、最低限の補償を受けることができるように国が作った保険の制度です。
最低限の補償ということなので、この自動車損害賠償責任保険のカバーする補償の範囲というのは、人身事故を起こした場合のみ、相手が怪我や万が一死亡した場合の補償に限定されています。
また、一回の事故で何台の車、または被害者が巻き込まれた場合などには、それぞれの被害者に対してこの自動車保険の保険金が支払われます。

Category : 自動車 損害保険, 自動車保険