自動車 損害 賠償 責任 保険について

自動車保険は、万が一の際に予め入っておくととても安心な保険です。
特に自動車をよく運転する人にとっては必ず知っておいて欲しい自動車保険の基本があります。
自動車保険には、強制的に加入することが義務となっている自動車保険と、任意加入の自動車保険があります。
後者の自動車保険は、その意味の通り「任意保険」と呼ばれています。
前者の強制保険は、「自賠責保険」という名前で知られています。
この自賠責保険という自動車保険は、正式には自動車損害賠償責任保険という名前で、自賠責保険という名前はこれを略したものです。
この自動車損害賠償責任保険という自動車保険、略して自賠責保険とは、万が一の交通事故の場合に、被害者が泣き寝入りをすることなく、最低限の補償を受けることができるようにと、国が始めた自動車保険の制度です。
公道を走る全てのクルマやバイクに加入が義務づけられている自動車保険です。
この自動車損害賠償責任保険という自動車保険で保障できる範囲は、交通事故を起こしてしまった場合に、相手が怪我をしたり最悪の場合死亡してしまった場合のみに補償を行う自動車保険となっています。
しかも、この自動車損害賠償責任保険で補償できる補償額には、限度額が定められています。
そのため、この限度額を超える額を補償したい場合や、クルマが盗難にあった場合や自分のケガや同乗者のケガの保障なども行いたい場合には、任意保険という自動車保険にも加入しておく必要があります。

Category : 自動車保険, 自動車自賠責保険