引越し 手続き《電気・ガス・水道》について

引越し時の生活面についての手続きですが、電気やガス、水道の各引越し手続きが必要となってきます。
これらは生活するにあたって必要なライフラインとなりますので必ず手続きをしましょう。
《電気》
引越し日が決まったら、電気の領収書や検針票に記載されている担当電力会社の電話番号に連絡をして引越しする旨を伝えます。
同時に引越し先の電力会社に電話を回してくれる場合が有りますので、引越し日を伝えてその日から電気が使える様に手続きをします。
電話を回してくれない場合には新しい住所を担当している電力会社に直接連絡しましょう。引越しの連絡をすると、引越し日以降に電力会社の方がメーター確認にきて後日精算と言う形になります。
引越し先では、ブレーカーを上げると直ぐに電気が使える様になっています。
《ガス》
引越し日が決まったら、ガスの領収書や検針票に記載されている担当ガス会社の電話番号に連絡をして引越しする旨を伝えます。引越し先のガス会社にも事前に引越し日を連絡しておく必要が有ります。
ガスはガス会社の人が立ち合った上で開栓しなくてはいけませんので、引越し日に来てもらう様に調整すると良いでしょう。
《水道》
引越し日が決まったら、水道の領収書や検針票に記載されている担当水道局の電話番号に連絡をして引越しする旨を伝えます。また、同時に引越し先の水道局にも連絡しておきます。引越し後、水道局の人が検針に来て精算と言う形になります。引越し先では、止水栓が家の外にあると思いますので、それを捻ると水が使える様になります。引越し先の水道局の電話番号は水道栓の近くに表示が有ることが多いので探してみるとよいでしょう。

Category : 引っ越し