引越し 手続き《敷金》について

部屋を借りる際に大体必要となっている費用に「敷金」が有ります。
部屋の貸主に対して事前に預けておくお金の事を指しています。
賃貸物件に有る敷金は、借主が物件に与えた損傷、破損を修復したり、毎月の家賃を滞納したりした場合の補充に充てる金額と言う事になります。ですから、引越しして退去する場合には借主は貸主に対してこれらを精算する必要があるのです。
結構この精算手続きを忘れてしまう方が多いので、しっかりと確認する様にしましょう。
敷金の精算タイミングは、引越しが完了して、補修やクリーニングが行われます。その後、改めて借主側に連絡が来て精算される事になります。基本的には貸した時の原状回復が基本ですので100%敷金が返ってくる事は無いと思っておいた方が良いでしょう。
その原状回復ですが、人によって捉え方に差があり、トラブルが多発しているのも事実です。
例えば何年も生活をしていると、どうしても劣化は避けられないと思います。
壁紙が黒くなったから費用を請求するのは、ちょっと違うような感じがします。
ただし、故意に汚したと言うなら話は別です。
請求されても仕方がないでしょう。
この他にも賃貸物件に棚を付けるなど、改造してしまった場合も同様だと思っておいた方が良いでしょう。
この他にも結露によるカビだとか色々有ります。
何を請求して何を請求しないかは貸主の考え方一つと言って良いでしょう。
そこで借主との食い違いが起きやすいので、何か不備があったらきちんと話し合いをして解決する様にしましょう。

Category : 引っ越し