引越し 手続き《ペット》について

ペットを飼っているお宅が多いと思いますが、ペットを連れて引越しをする場合、猫や小鳥は手続きが不要ですが、犬については手続きが必要になります。その手続きとは引越し先の役所で再登録をすると言う事です。また、引越し先での再登録だけでなく、引越し前の役所で廃犬届を提出しなくてはならない市区町村も有りますので、引越しが決まったら、引越し前と後の役所に連絡して聞いてみると良いでしょう。
また、問い合わせ先は役所だけでなく保健所でも構いません。犬、猫、小鳥以外のペットを飼っている場合で、国で特定動物と指定されている場合は、各都道府県管轄と言う事になりますので、引越し先にある動物愛護センターに連絡をして、手続き方法を聞くのがベストです。先程記述した「廃犬届」に関してですが、引越し前の役所で手続きをしなくてはなりません。廃犬届は犬の住所変更と思ってくれれば良いでしょう。手続きをする際に必要となる物は「印鑑」「廃犬届」「予防注射済書」「狂犬病予防注射済証」「旧鑑札」となりますので予め用意して行く様にしましょう。
引越しをしたら、引越し先の役所または保健所にて、飼い犬の登録変更をします。
この時に鑑札が交換となります。手続きの際には廃犬届と同じ様に「印鑑」「予防注射済書」「狂犬病予防注射済証」「旧鑑札」を用意しておきましょう。
これで届け出人が飼い主と言う事になります。
届け出には期間が有ります。
30日以内に届け出する様にしましょう。
ただし、地域によって多少内容が変わるかもしれませんので、事前に調べておく事をお勧めします。

Category : 引っ越し