引越しについて

誰でも一度や二度は引越しの経験があるのではないでしょうか。
特に大学進学や就職などで実家を一度離れた人は引越しの必要に迫られることになります。

私が一番思い出に残る引越しは東京での一人暮らしを引き払って実家に一度帰った時の引越しですね。
当時は独身貴族だったので生活の道具一式は全て揃っていたので、それはそれは大変で、「どこにこんなに色んな物があったの」と思うくらいの荷物がありました。
レンタカーでトラックを借りて友人に積み込みを手伝ってもらったりして何とか積み、実家に向かって馴れないトラックを運転して向かいました。
当時はまだ高速網が今ほど延びていなかったので、峠道を真夜中に走ることになってしまったのですが、何と真っ暗な闇の中にウサギやタヌキかと思われる目がヘッドライトに反射して光っているのでした、それも何匹もの目がウロウロしていたりするのでした。
まさに漫画の「ゲゲゲの鬼太郎」の世界のような場面でした。
しかも前にも後ろにもクルマはなくて私のトラックが一台だけその峠道を走っているのでした。
カーラジオを大音量にしてデカい声で歌いながら走ってました。
私は「引越し」と聞くとあの時の光景が思い浮かんでしまうんです。怖かったなあ。

引越しについて をGoogle検索することが出来ます。

Category : 引っ越し