引っ越しの荷作り3

引っ越しの荷作りについてご紹介してみましょう。

【暖房器具・灯油】
ストーブやヒーター等、灯油を使う暖房器具を持ち出す際、灯油が中に入っていると運んでいる最中に灯油が漏れてしまう可能性が有ります。

少量だから大丈夫とは思わずに、全部抜いてタンクを空にした状態で運ぶ様にしましょう。

また、使っていない暖房器具もタンクが空かどうか確認をしてから運ぶ様にしましょう。

次に灯油ですが通常は赤いポリタンクの中に入れてあると思います。
しかししっかり閉めていても運んでいるとどうしても漏れてきやすいです。
ですから、蓋を閉めて蓋にタオルかなんか巻き付け、ゴムで止めて、タンクごとビニール袋に入れてから運ぶ様にしましょう。

また、引火する可能性が有る物、例えばシンナー等は引っ越し業者では運んでくれない場合が多いですので、事前に確認しておく必要が有ります。

【電化製品】
電化製品の梱包は色々と大変です。

例えば冷蔵庫ですが、中身の食品類は全て取り除き、必要な物は段ボールに入れる。
不要な物は捨てると整理しましょう。
その作業を前日までに行い、冷蔵庫の電源を抜いた状態、扉を開けた状態にしましょう。

電子レンジですが、中にある回転板がガラス製の場合が有ります。
この時は回転板を取り出して別で梱包をしておきましょう。

テレビは引っ越し業者の方が梱包をしてくれますが、配線まではやりませんので配線を外してまとめておく様にしましょう。
抜く前にどこに繋いでいた配線か分かる様に印を付けておくと便利です。

Category : 引っ越し