引っ越しに良い日とは

引っ越しをするのに良い日と言うのは有ります。

例えば結婚式やお葬式等の冠婚葬祭時には日を見て決めますよね。

実は引っ越しも冠婚葬祭の中に含まれているイベントとなっていますので、日を見て良い日を選ばなくてはならないのです。

日を選ぶと言うのは大安だったり、仏滅だったりと言うのを見て決めるのです。

では、現実問題として引っ越しをする際、物理的に引っ越し日和と言われているのは以下の通りです。

・晴天の日(梅雨時期だったり、台風時期だったり、真夏日だったりと言うのは避けた方が良いでしょう。)

・引っ越しがスムーズに行く様に道が混まない日を狙う(ゴールデンウィークや週末等道が混んでいる時は避けた方が良いでしょう。)

・人手が居る事(引っ越しは何かと大変です。
家族が休みの時や知り合いが休みの時を狙って人材確保をしておいた方が良いでしょう。)
・自分のスケジュールに合っている事(休暇中や仕事が忙しくない時期)

と言う様な条件が挙げられます。

上記の様な時に引っ越しが出来れば本当は理想だと思います。

結婚式等はかなり前から日程を決めているので都合が付けやすいのですが、引っ越しは急に決まる場合も多いので一概に良い日ばかりを選ぶ訳にはいきません。

もちろん、引っ越し業者は良い日ばかり活動している訳ではありません。

雨の日や風の日と言った悪天候の日でも活動をしています。

条件が悪いなと思ったら、安心出来る業者に頼んで、良い日にしたいものです。

Category : 引っ越し