残価設定ローンと中古車のローン

今まで新車に向けて行われていた残価設定ローンが、中古車を購入する時のローンとして利用されるようになったそうです。残価設定ローンといえば、メリットもデメリットも考えられるローンのひとつです。中古車の場合、残価設定ローンの清算時の方法は「乗り換え(買換え)」か、「買取り」の2つの方法から選ぶことが多いようです。
残価設定ローンというのは、3〜5年後の下取り価格を決めて(車の残価)、その残価以外の金額を月々の分割ローンで支払っていくのが主な仕組みになっています。

この仕組みを見る限りでは「リース」と似ているように見えるのですが、リースの場合は月々の(税金に保険、タイヤ等の消耗品の他、車検や点検代などの)費用も「その支払い」に「組み込むことが出来る」のですが、残価設定ローンはリースと違い「自動車そのものの購入」の為のローンなので、車にかかってくる諸費用を(残価設定ローンを)組み込むという事はできません。

車にかかる費用は、「その購入費用」、ローンだけではなく、その他に、ガソリン代、タイヤ代、オイル等の消耗品代任意保険料、車検料、故障が生じた場合の蓄えに、場合によっては駐車場代などが必要となります。収入に合わせて「負担にならない」金額で(ローンなどの)支払い計画をふまえて、中古車であれば新車よりも車自体の価格は抑えられるので、中古車を低金利のローンと残価設定ローンのどちらが金利を低く購入できるかをよく比較し、通常の低金利のローンを組んで車を購入した方が良いのかどうか??などを考え、自分のライフスタイルに合わせた車の乗り方ができたらいいですね。

残価設定ローンと中古車のローン をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 残価設定ローン