車のローンと残価設定型ローンを比べる

通常の車のローンと残価設定型ローンを比べてみると、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。残価設定型ローンが通常の車のローンと違う所は、最初に残価というものを設定してあることです。残価設定型ローンは、3年から5年という月々の分割ローンとして支払う金額に金利がつくのはもちろんですが、最初に設定した残価の方にも「金利」がついている、という事でした。この残価についてくる金利の事を考えると、車の乗り方によっては、最初から購入するつもりで通常の低金利の車のローンを組んで車を購入した場合がよい事もあるのですが、人気の車種に乗ってみたい時には、残価設定型ローンが便利な場合もあるようです。

この残価設定型ローンを組んだ場合、3年から5年で組んだ車のローンの支払いが終了した時に、その残価の清算方法として「車を返す」か、「同じ会社で新車を買い換える」か、「残価を一括、または分割で買取る」という方法がとられます。「残価を支払い車を買取る」場合、残価についても3年から5年のローンの支払いをしている間についた「金利」はかかっているとの事です。

また、残価設定型ローンでローンを組んだ車両の場合、「車のドレスアップ」や「事故」、「修理」「規定の走行距離オーバー」などや、不人気車ななったりすると、当初、予定していた下取り評価額が下がり、残価として予定していた金額が低くなるという事もあるそうなので、「そのあたりも含めて、自分に合った車のローンを選びたいものです。

車のローンと残価設定型ローンを比べる をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 残価設定ローン