カーローンと残価設定ローン

残価設定ローンもカーローンのひとつです。よく知られているカーローンと違うところは、購入しようとする車両に対して「残価」というモノを設定し、その残価の金額を「車両の価格から差し引いた金額」に対して、金利をつけ、
3年から5年をかけて月々の分割返済をしていくという事です。車両を購入する時に設定する「残価」というのは、3年から5年後(カーローン終了時)に、その車両を「買取する金額」を「先に決め」た、「車両の買取価格の事」で、その決めた買取金額(残価)を車両の価格から「差し引いて残った」車両の価格に「金利」がつけられ、3年から5年の月々の分割払いで支払う事を残価設定ローンと呼んでいます。

このカーローンのメリットとしてお金が無くても車を買える、自由な支払いが選べる、また3年 で乗り換えれる、車検を気にしなくても良い というメリットを感じる人もいますが、3年から5年で設定した残価設定ローンでのカーローンが終了した時、その車両にあらかじめ設定しておいた「残価」に対しての「清算」をしなければならなく、その方法は「新しい車に乗り換える」(同じ会社で新車を買い換える時、残価の支払いは不要)、「車を返す」(残価に差額が生じている場合は支払う必要あり)、「買い取る」(残価にある金額を一括または分割で買取る)という方法になります。

清算がちょっと面倒に感じますが、残価設定ローンを含めたカーローン(オートローン、バジェットローンなど)を比較検討し、自分に合ったローン計画を立てる事ができるといいですね。

カーローンと残価設定ローン をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 残価設定ローン