残価設定ローンとは

新しく車を「残価設定ローン」という方法で購入する方法が今、注目注目されています。残価設定ローンというのは新しく車を購入する際に利用できるローンの契約方法の一つで、新車を購入する際に「その車についている値段」から3年から5年で契約したローンが「終了した時」に、「その車を下取りする価格」を新しい車の値段から「差し引いて」、(下取り予定の価格を)その差し引いた残りの価格で「ローン」の契約をし、ローンの対象となる新車の価格に含まなかった「下取りの価格」の事を「残価」とよび、この残価(下取り価格)を「設定して」から、残りの価格に金利を加え、3年から5年の契約でローンを支払う、、という方法が、【残価設定ローン】と呼ばれるものです。

単純に計算してみると、「420万円の車両を購入しようとした場合、120万円を先に「下取り価格」として設定しておく。420万円から(下取り価格の)120万円を引いた300万円に金利を加え、それを3年から5年の月々の分割払いをして支払う。」という方法です。この【下取り(買取り)価格】や【金利】等については【ローン会社】によって【詳細は異なる】ので、詳しくは、ディーラーやローン会社にご確認ください。

この残価設定ローンで行けば、「3年から5年」で残価(下取り価格・買取価格)を残した金額の支払いを終了する事になります。ローンの支払いの終了し終わって【残った残価】については【3つの清算方法】から選ぶ事になります。

残価設定ローンとは をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 残価設定ローン