住宅ローンアドバイザーが必要になる理由

なぜ住宅ローンアドバイザーに頼ることになるのでしょう。不動産会社や金融会社で住宅ローンを取り扱っている人は、顧客に対して住宅ローンについて説明する際に、どうしても自社の金融商品をアピールするようになります。どんな住宅ローンがいいか決めたいという時には、そういった説明を受けても十分ではないわけです。

2007年に国土交通省・財務省所管の住宅金融公庫が廃止されました。住宅ローンを取り扱う民間の金融機関が多くなってからは、営業色が強くなる傾向があります。営業的な説明ではなく、住宅ローンについて解説をするのがアドバイザーです。住宅普及協会が認定する住宅金融普及協会の住宅ローンアドバイザーは、このような事情を背景に住宅ローンアドバイザーを養成しています。

住宅ローンアドバイザー講座を行い登録制度実施しているようです。住宅ローンの金融商品も預金額に応じて、低い金利に設定するサービスもあります。金利の固定期間が選べるものなど様々な商品が登場し、複雑化しているのも事実です。住宅ローンアドバイザーは、住宅ローンに関して広範な知識を有しています。色々な住宅ローンをそれぞれ比較して、フラットな立場からの助言を期待することができます。住宅ローンを組みたい人がどんな状況にあり、将来像をどう考えているかは判断材料になります。住宅ローンアドバイザーに判断を任せきりにするのではなく、ローンを利用する人自身が住宅ローンについて知識を仕入れておくことが、決断を自身で下す際の判断根拠となってくれます。

住宅ローンアドバイザーが必要になる理由 をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 住宅ローン・車ローン