住宅ローンと変動金利のデメリット

住宅ローンを変動金利で組んだ場合のデメリットについてお話しましょう。完済した時点で幾ら支払うことになるか、変動金利でははっきりしないことが変動金利の欠点です。住宅ローンを組む時点で固定金利を選択すれば、月々の返済額も最終的な返済総額も最初にわかります。

金利が変動する変動金利というのは金利が上がったり下がったりして一定ではないため、最後まで総返済額がわからないのです。金利の上げ幅が激しいために、月々の返済金額が増加する利息においつかず、未払い利息が増える可能性もあります。返済金額は5年の間変わりませんが、金利は変わります。そのため、返済金額自体は変わらずとも、利息と元金をいくらずつ払っているかが変化するのです。

もし利息が毎月の返済額を超えてしまった場合に、超えてしまった分の金額を未払い利息と呼びます。結果的に、未払い利息と元金の返済が支払日を超えても終わらなくなってしまいます。変動金利を選択したために、住宅ローンの未払い利息がでることがあります。銀行によっては3年、もしくは5年毎に金利タイプの変更が出来るものなどもあります。変動金利や固定金利の住宅ローンは変更手数料を伴う場合もあるため、慎重に検討して答えを出さなければなりません。

住宅ローンと変動金利のデメリット をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 住宅ローン