住宅ローンと変動金利のメリット

住宅ローンの場合、近頃は金利の安さから変動金利を選ぶ人が増えているといわれます。利息が増えないようにしたいなら、低金利の時や金利推移が下がり気味の時の変動金利は適切な方法です。金利とは、年間2回の頻度で変化することがあります。変動金利は固定金利より低い金利に設定されています。

変動金利というと、いきなり金利がとんでもなく上がったらどうしようと、心配する人もいると思います。住宅ローンには上限金利特約という制度があり、金利推移が大きく上がった時に対応することができます。上限金利特約とは、金利推移によって貸付金利が上がっても、あらかじめ決めてある金利以上にはならないというものです。この特約は、金利が低い時に変動金利で借り入れる時につけます。

どれだけ増えても、金利はこれ以上多くならないという数字が保証されるわけです。最大でどこまでの金利までしか上がらないというラインがわかっていれば、金利が大幅に増えても家計を逼迫する心配がありません。固定金利か、変動金利か、住宅ローンを利用する時は必ず決めなければなりませんが、どちらがいいかわからない人は少なくありません。ミックス型という、変動金利と固定金利を合わせた住宅ローンで、両方のいいとこ取りを狙う返済方法も存在します。

住宅ローンと変動金利のメリット をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 住宅ローン