変動型住宅ローンと金利推移

変動金利型の住宅ローンは、固定型より利率が低いのが最大の特徴です。通常金利が半年に1回見直されるため、金利推移によって後の支払い額が大きく変わります。金利の見直しに合わせて、変動金利も半年に1回変動していきますが、実際に反映されるのは5年ずつです。

改定後の返済額が今までの住宅ローンの1.25倍以上になってはならないというルールがあります。月々の返済額は5年間変わらず、その間は金利だけが随時見直されていきます。金利推移が劇的に増えると、住宅ローンの返済として支払っている金額の大半が利息になってしまいかねません。結果的に、完済までの期間が遠のいてしまいかねません。金利推移によっては、住宅ローンの利息額だけで毎月の返済額を上回ってしまうケースもあります。

利息の増加に返済が追いつかず未払い利息になることもあります。住宅ローンの内容によっては、毎月の返済金額を年に2回ある金利推移と連動させながら変えられるところも存在します。金利推移により今後の金利の上昇が大きくなるようであれば、住宅ローンを繰上げ返済して早めに元金を減らすことが大切です。住宅ローンの返済額は、金利推移の変化をダイレクトに受けることになりますので、不測の事態でも対応がてるきよう、家計に余力を残す家に向いています。

変動型住宅ローンと金利推移 をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 住宅ローン