住宅ローンと金利推移

住宅ローンと金利推移についてです。住宅ローンを組むうえで、一番気になるのが返済期間と月々の支払い金額です。総返済金額や月々の返済金は金利推移の影響を受けることがありますので、あらかじめチェックしておきたいものです。一般的に住宅ローンは全期間固定型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。今後は金利推移が上がっていくと判断するなら、全期間固定金利型がいいでしょう。たとえ金利が上昇しても、最初に決まった金利のままで返済を続けることができます。

不確定要素が減るため、返済プランが立てやす方法です。変動金利型の住宅ローンは、金利推移に応じてその時々の金利が変動するというものです。この先は金利が下がるだろうと判断した時は、変動金利型の住宅ローンがおすすめです。固定金利選択型は、両方の真ん中に位置します。一定期間は固定金利で支払います。期間が終われば残りは金利推移によって再度、残った住宅ローンの支払い方法を選択することができます。

固定金利は将来の見通しが立ちますが、やや高金利です。変動金利型は金利推移によって金利が上下するという不安定さがある半面、固定金利制より低金利での借り入れができます。今後の景気動向や金利推移の傾向を考え、できるだけ自分のライフスタイルにあった返済方法を選択しましょう。

住宅ローンと金利推移 をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 住宅ローン