劣後ローンの性質

あまり一般的には、劣後ローンは企業向けのローンのため、知られていないといいます。企業では、バブル経済の崩壊後うまく劣後ローンを利用し、経営の立て直しをしたり、資本の強化を図ったりするのに活用しています。現在でも、資本金の一部として銀行や証券会社、保険会社を中心にたくさんの企業が運用しているようです。劣後ローンは資本注入が政府からされる場合に使われることがあるといいます。

他の債権よりも優先順位が低い劣後ローンは、ほとんど法的整理を行われると保護されない一面があり、株式と同じだといいます。リーマンショック時の急激な景気の後退時は記憶に新しいですが、劣後ローンは保護されることはありませんでした。法的整理が、経営がどんなに悪化しても企業によっては経済へ影響を考えると不可能で、政府の管理下におかれるケースも代わりに出てきます。株式は保護されませんが、劣後ローンは保護されるという違いがあります。

ちなみに劣後ローンと株式の扱いは、アメリカのAIGや、りそな銀行が政府の管理下に置かれた時も別だったそうです。近年の日本の景気悪化に伴い、中小企業向けの劣後ローンも増え始めています。金融庁が銀行の貸し渋り対策の一環として打ち出したものです。劣後ローンは、経営が原材料費の高騰などで悪化している中小企業を中心に導入されているそうです。

劣後ローンの性質 をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 劣後ローン