かかる税金

不動産投資を行なう場合、不動産を取得したときにかかる税金というのがありますので、覚えておきましょう。不動産の売買契約を行なうときには、金額に応じて印紙税がかかります。売買金額が大きいほど印紙税の額も大きくなります。しかし、不動産デフレを克服し不動産流通を促進するために時限的に軽減されています。

不動産を売買などで取得した場合には、不動産取得税がかかります。固定資産税評価額×3%が不動産取得税となります。また、不動産を取得すると所有権など権利を登記しなくてはなりません。登記する場合には登録免許税というのがかかります。固定資産税評価額×税率が登録免許税となります。

不動産投資の時にも関わってくる税金ですが、税率などは税制によって変わります。不動産投資を始める際に確認するといいでしょう。税制改正が行なわれた場合には、不動産投資のリスクも変わる可能性がありますので、毎年改正される税制に注目しておくようにしましょう。

不動産投資を行なう場合には、固定資産税や都市計画税などもかかります。固定資産税は課税標準(固定資産税評価額)×14%の計算方法になります。不動産を売却するときには、不動産の売却価格から不動産の取得に要した費用と不動産の譲渡に要した費用を引き税率をかけた分の税金が必要となります。

かかる税金 をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 不動産投資