節税対策のひとつ

最近では、サラリーマンの人でも節税対策のひとつとして不動産投資を行なう人が増えてきています。
不動産投資としてマンションを購入し、賃貸経営を行なうケースも増えているのです。経営によってはサラリーマンでも所得税が戻ってくることもあるというのも、不動産投資の嬉しい点だと思います。

アパートは固定資産税や都市計画税が安くなりますし、相続税なども自宅に比べて安くなるというメリットもあります。しかし、不動産投資としてマンションなどを購入する場合、メリットだけではなくデメリットもあるということを知っておかなければなりません。

自宅を兼ねてマンションの不動産投資を行なう場合、自宅のみを購入するよりも維持費や購入資金が高くなるというデメリットもあります。マンションの一室を自宅にする場合、一室分の賃貸収入が減ってしまいます。住宅のローンに比べて金利が高いアパートローンを組まなくてはならないこともあります。

マンションの一室を自宅として利用しながら、賃貸経営をしようと不動産投資を行なう場合には、住んでいる自宅を売却して資金を調達するというケースが多いようです。しかし、売却しても資金が大きく不足してしまう場合には、やはりアパートローンなどを利用することになります。

節税対策のひとつ をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 不動産投資