リースと残価設定ローンの途中解約

残価設定ローンはパッと見、その仕組みが「リース」と呼ばれる方法と似ているような感じがしますが、その中身には違いがあります。車両の場合、リースの方は「途中解約できない」ようになっています。もし、(事故や何かで廃車にする事となった場合、やむをえず)途中解約をするような事項が起こった場合には、「違約金(中途解約金)」を請求されるそうです。けれど、リース料金は税法上「諸経費」として扱うことができるので、(税法上)有利?便利?という事で契約される事が多いもので、とくに、企業がそのリースを利用しているそうです。

カーリースの場合は、やむを得ず以外は途中解約ができませんが、そのリースの種類によって、「車両代や登録諸費用に、自動車税、自賠責保険料」の他、任意保険料、定期点検整備費に、一般整備費や、車検整備費、そして、消耗品のタイヤ・オイル交換費用がそのリースの契約に含む事ができたりします。残価設定ローンの場合は、もし、全損事故などで、その乗っていた車を使用できない状態にとなった場合には、中途解約金を一括で支払い、清算をする事になるとの事です。カーリースも残価設定ローンも途中解約は「やむを得ず」の場合に限るという印象です。

残価設定ローンの場合は所有者は「自分」になるようですが 途中解約しなくても、車をイジッタり、走行距離が規定以上であれば、最初に設定していた残価では引き取ってもらえないことも。また、清算時(車の返却、下取りしてもらう時の査定額が)に、最初に設定していた残価よりも、上回れば「返金」してもらえますが、逆の「(査定額が)下回れば」逆に「差額を支払う」事になるという事もあるそうなので、途中解約の事を含め、残価設定ローンと通常の低金利のローンと比較して検討すると良いようです。

リースと残価設定ローンの途中解約 をGoogle検索することが出来ます。

Category : キャッシング方法, 残価設定ローン
ドクターJのエステ応援室